2017年4月21日金曜日

CARDRIVEGOGOエリア9

「國政久郎著『営業バンが高速道路をぶっ飛ばせる理由2』・・・は?ふざけんな!!」

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: メルセデスGLCクーペ 「失禁・攻め過ぎ」

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: メルセデスGLCクーペ 「失禁・攻め過ぎ」: 「CX4」というスタイリッシュなSUVをマツダが中国向けに開発して現地生産を始めています。ライン稼働は中国工場のみだそうで、さすがに逆輸入モデルを日本に導入するのは気が引けたのかもしれないですし、2017年の年明け早々には「CX5」のFMCが予定されていたので、その需要を先に...

2017年4月20日木曜日

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 小沢コージさんをいじめるなー

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 小沢コージさんをいじめるなー: 「日本市場は今度こそ変われるのか?」・・・日経の記事みたいな「抽象表現」を平気で使うから嫌われちゃうのかなー。相変わらずですね。そして小沢コージさんというキャラこその変な「ザワザワ感」が・・・。北米市場のベストセラーはビッグ3から発売されるピックアップトラックそれから中型セダ...

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: レクサス という異文化実験はいつまで続くのか?

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: レクサス という異文化実験はいつまで続くのか?: 米国のジャーナリスト・トマス=フリードマンがグローバリゼーションを語った名著に「レクサスとオリーブの木」のタイトルにもなっているレクサス。街にマクドナルドが建っていてレクサスが走るような水準の国ならば、紛争の解決手段に内戦や侵略戦争を選ぶ理由がなくなる!!そんな豊かさの象徴だ...

2017年4月19日水曜日

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: ジープ・チェロキー 「米国のポルシェ・・・ではなかった」

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: ジープ・チェロキー 「米国のポルシェ・・・ではなかった」: 売れてますねー。SUV全体の好調さは、やや一服した感がありますけど、昨年くらいからニョキニョキ伸びてきたのが、FCAグループ傘下の「ジープ」。日本のユーザーって「つまらない日本車ばかりが売れる・・・クルマを解ってない!!」みたいな悪口をしばしば言われますけど、ジープやポルシェ...

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: トヨタ86 「NC指定」

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: トヨタ86 「NC指定」: トヨタがスバルに開発させてグローバルで絶賛されているスポーツカー。何といっても「86」というやや掟破りで「ヤケクソ的」なネーミングなんですけども、発売から5年が経ってもまだまだバカ売れ!!これはもうどんなネーミングでも売れたんじゃ無いか?と思いますね。圧倒的な企画力が素晴らし...

2017年4月17日月曜日

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: BMW と マツダ がちょいダメな理由

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: BMW と マツダ がちょいダメな理由: もう一回買って見ようかな? ・・・いやでもね〜。そんな余計な思惑が入ってしまうブランドの代表格となっているのがBMWとマツダ(じゃないですか?)。短時間の試乗で良さがすぐにわかる両ブランド・・・以前ならマツダの方がアクセルもハンドリングもクイックさが際立っていてとんがっていた...

2017年4月15日土曜日

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: シボレー・コルベット 「USカーが世界を覆うとき」

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: シボレー・コルベット 「USカーが世界を覆うとき」: 「アメ車なんてクソだ!!」・・・まだまだ日本に蔓延するプロパガンダですが、これ一体誰が言い出したんだろ? なんでもかんでもカーメディアの仕業にして片付けるのはなんの解決にもなってないですね。メディアとは、メーカーよりも圧倒的に製品に関する情報が少ないユーザーを助けるという意味...

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: マツダCX5「ミドルSUVを定義しろ!!」

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: マツダCX5「ミドルSUVを定義しろ!!」: SUVって何ですかね?・・・個々には色々な定義があるとは思いますが、未だによくわからないです。他のジャンルと比べた時にSUVに一定の合理性が認められるとしたら以下のようなものじゃないでしょうか? 「低成長時代の貧弱な道路インフラを乗り越える走破性」「キャビン(=居住性)重視」...

2017年4月14日金曜日

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: F野氏「最近FMCで良くなったクルマはEクラスだけ・・・」

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: F野氏「最近FMCで良くなったクルマはEクラスだけ・・・」: カリスマライターのF野氏が某連載で書いてました。確かにEクラスは良くなったでしょうね。Sクラスの設計をCクラスとEクラスにまで押し広げたから良くなった!!という認識でOKだと思います。「Eクラスは先代があまりにも酷すぎたから」・・・これもうちょっと早く言ってくれないとダメじゃ...

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: スバル・WRX-S4 「いっそ名前を変えた方がいい」

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: スバル・WRX-S4 「いっそ名前を変えた方がいい」: 1966年に富士重工が発売した初の水平対向4気筒車は「スバル1000スーパーデラックス」と言います。スバルがRRからFFに転換した際に投入することになったことからボクサーエンジンが採用されたようですが、この50年の歴史を誇るスバルの運動性能重視のパッケージングは、この後196...

2017年4月11日火曜日

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: 軽いは正義!?・・・メルセデスとジャガーの闇。

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: 軽いは正義!?・・・メルセデスとジャガーの闇。: 世界のクルマはどんどん大きくなって、あまりに大きくなり過ぎて、ちょっと小さくなることもあったりしますが、特にグローバルモデルのサイズは大きくなる一方です。トヨタ車は国内専売がまだまだ多くて、国内向けカローラ(Cセグ)やプレミオ/アリオン(CDセグ)は今も5ナンバーのままです。...

CARDRIVEGOGOの日記

「世界に羽ばたく日本車の原点」

2017年4月7日金曜日

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: アウディRS3セダン 「2000万円超級に挑む800万円セダン」

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: アウディRS3セダン 「2000万円超級に挑む800万円セダン」: フェラーリのV8ミッドシップスポーツモデルが、488GTBからいよいよターボになったー!! スーパーカービジネスの再燃か? 「ケーニッグセグ」というスウェーデンのスーパーカー・ブランドは、禁断の「ハイブリッド・ドーピング」に手を染めた市販車を日本でも発売。イタリア勢やブガティ...

2017年4月6日木曜日

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: マツダよりVWを買いましょう!!はいいけどさ・・・。(VW車オーナーは読まない方がいい!)

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: マツダよりVWを買いましょう!!はいいけどさ・・・。(VW車オーナーは読まない方がいい!): 前回、お伝えしたようにニューモデルマガジンX5月号がマツダを「遠慮気味に挑発する」という暴挙に出ています。マツダの国内販売の伸び悩みは深刻で、1車種を除いてはほとんど儲かっていないわけですが、その最後の希望の1台・・・マツダとしては絶対に失敗できないギリギリの総力戦の果てに生...

2017年4月5日水曜日

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: キャデラックCT6 「VIPカー発祥の日本で売るなら・・・」

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: キャデラックCT6 「VIPカー発祥の日本で売るなら・・・」: 日本で活動する自動車評論家の多くが何がそんなに気に入らないのかわかりませんが、その存在を黙殺する日本発祥の「VIPカー」。若者を惹きつける力を未だに持っている「エクストララージサイズ」のクルマの中で、特にセダンをVIPカーと称したりしますが、そんなクルマがまだまだ存在するとい...

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: レガシィB4 「スバルの孤独な戦い」

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: レガシィB4 「スバルの孤独な戦い」: 2014年に登場した6代目レガシィ。この世代から日本市場での主力だったツーリングワゴンを切り離してレヴォーグとして発売したため、レガシィは一気に日本での存在感を失っている感じです。私だけでは無いかもしれませんが、さらにレガシィB4にネガティブなイメージを持つきっかけとなったの...

2017年3月28日火曜日

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: プジョー3008 「別荘も欲しくなる!!・・・これこそが価値あるSUVの証」

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: プジョー3008 「別荘も欲しくなる!!・・・これこそが価値あるSUVの証」: 「ランドローバーを買う前に別荘」・・・。バブルの時代には嫌味に聞こえましたかもしれないですけど、今では全国の辺境地区には、まだまだ使える格安物件がたくさん転がっていて、場合によってはランドローバーを1台買うよりも安い価格で不動産が手に入るようになりました。東京都に住んでいると...

2017年3月26日日曜日

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: マツダCX5まさかの★2つ!!

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: マツダCX5まさかの★2つ!!: もちろんNCAPのテスト結果ではないですよ!オーナーの方はご安心を!!某クソ雑誌が「ダブルスタンダードだけど」と言い訳をしつつも「マツダならもっとできる!!」とか意味不明なこと言ってますね・・・。どこがそんなに気に入らなかったのか仔細に眺めると、「遮音性が高すぎて(トヨタっぽ...

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: トヨタに乗るリスク と VWに乗るリスク

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: トヨタに乗るリスク と VWに乗るリスク: 「クルマなんてどれも同じ」・・・69万円のアルトも1000万円のレクサスLSもクルマという意味ではほぼ同じで、「見た目」がちょっと違うだけ。そんなわけねーだろ!!っていう人の気持ちもわからないでもないですけど、レクサスとは「品質」を保障するものでもなく単なる「記号」に過ぎない...

2017年3月24日金曜日

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: シビックか? マークXか? それとも・・・。

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: シビックか? マークXか? それとも・・・。: ホンダが再び日本に投入するシビック。北米サイズのCセグなので4630×1800×1414mmとなかなか立派な車体になっていて、似たようなサイズのクルマを探すと、有名なところでは4645×1800×1440mmのBMW3erのセダンでしょうか。3erは北米向けDセグとしては小さ...

2017年3月22日水曜日

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: スバルの新プラットフォームに0票って・・・。

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: スバルの新プラットフォームに0票って・・・。: モーターファンイラストレーティッドの126号には、「MFI・テクノロジーof the year」という特集があったのですが、なんと!!スバルの「グローバル・プラットフォーム」が0ポイントです。トヨタの「KIROBO」でも1ポイントを獲得したのですけどね。KIROBOとはトヨタ...

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: MINIクロスオーバー 「Dオンリー!?」

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: MINIクロスオーバー 「Dオンリー!?」: 日本のファミリー層にとってMINIというブランドはどのように映るのか? 当然ながら賛否両論あるとは思います。例えばヴィヴィアン・ウエストウッドのフルコーデで街を歩けますか?に近い質問かもしれません。ヴィヴィアンに限って言えば、自らのセンスが日本ではある程度まともで、しょっちゅ...

2017年3月19日日曜日

CARDRIVEGOGOの日記

「輸入車の存在意義とは?」

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: 日本車には勝てないけど、南ア製BMWの魅力をわかってない輩が多くない?

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: 日本車には勝てないけど、南ア製BMWの魅力をわかってない輩が多くない?: BMWがなかなか売れないですねー。グレード数があまりにも多過ぎて迷っちゃうのかな? それとも最近のカーメディアが直噴ターボ化されたエンジンに文句ばっかり言うので買う気が起きないのか? 「文句を付けてんのは貴様だろ!」・・・え?私はBMWを批判しているんじゃなくて、BMWに乗っ...

2017年3月17日金曜日

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: MINIとはSUV嫌いの救世主?

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: MINIとはSUV嫌いの救世主?: 日産ノートが車種別月間販売台数で日産車としては30年ぶりに1位を獲得しました(2016年11月)。そして2016年の輸入車ランキングでは、王者ゴルフが陥落してMINIがトップに立ちました。「MINI」というのは車名なのか?ブランド名なのか? 例えば・・・「クルマなに乗ってるの...

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: 新型スイフト なぜか「奪える」気がしない・・・

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: 新型スイフト なぜか「奪える」気がしない・・・: 第二次オイルショック直後の1981年に誕生したレーガン大統領は、日本に対して自動車輸出を規制を要求しました。前年から10%近く台数を減らされ164万台に制限された時、北米市場で日本車が品薄になり価格が上昇した!!という記録があります。   クルマが売れにくくなった今の日本...

2017年3月15日水曜日

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 福野礼一郎さんは何が言いたかったのか?(ルボラン4月号)

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 福野礼一郎さんは何が言いたかったのか?(ルボラン4月号): 福野さんの「ルボラン」の連載といえば「比較三原則」ですが4月号はかなりイレギュラーな内容で、当初はBMW7erとキャデラックCT6の比較を予定していたが、編集長の一声でケイマンとアウディTTになったとのことです。いつものNVHや操縦安定性などの細かい採点はなく、ひたすらに福野...

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: Eクラス、5er、S90の揃い踏み!!三菱&マツダファンに響け!!

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: Eクラス、5er、S90の揃い踏み!!三菱&マツダファンに響け!!: 2017年のWCOTYラグジュアリーカー賞のベスト3ファイナリストが「メルセデスEクラス」「BMW5er」「ボルボS90」になりました。日本、アメリカ、韓国、イギリスからこのクラスの新型モデルが無かったから順当に決まった!?というわけではなく、一応「リンカーン・コンチネンタル...

2017年3月12日日曜日

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: ヴィッツGRMN と シビックtypeR

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: ヴィッツGRMN と シビックtypeR: やっぱり日本メーカーはどっか間違っているのかな〜・・・。「Top Gear JAPAN」第6号の「スポーツ・ウィーク」という「走って楽しいクルマ決定戦」特集に集結した18台の中で日本で生産されるモデルのエントリーは・・・なんとわずかに1台(しかもアバルト124)。2000年頃...

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: アメリカ雑誌が「BMW3erは過去の遺物だ!!」って・・・カマロを自画自賛

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: アメリカ雑誌が「BMW3erは過去の遺物だ!!」って・・・カマロを自画自賛: 日本ではなかなか存在感が発揮できていないシボレー・ブランド。アメリカを代表する自動車メーカーGMの最も大所帯なブランドということもあって、これまでは日本市場でも売れそうなモデルをとっかえひっかえ導入してきましたが、やっぱりブランドイメージを高めるにはあまりにも無計画だった印象...

2017年3月10日金曜日

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: クルマ好きってのは・・・

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: クルマ好きってのは・・・: 「オマエみたいな変態と一緒にするな!!」って言われてしまうかもしれないですが、クルマ好きってのは無意識のうちに長い付き合いになる愛車に「人格」を決めたがるものです。ちょうど小さな女の子がお人形さん遊びをするように、暖気もそこそこにその日最初に「踏み込む」場面が終わると「今日は...

2017年3月9日木曜日

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 西川淳さんがついにキレた!!プリウスに強烈批判を炸裂。

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 西川淳さんがついにキレた!!プリウスに強烈批判を炸裂。: トヨタに尻尾を振って「ザックス!!ザックス!!」を連呼する某ライターが、いろいろなメディアでコネを作って発言していたり、40.8km/Lという異次元のモード燃費を呈示してひたすらに「別格」であることを強調していたり・・・他にも色々ありますけど、知れば知るほど「トヨタって節操な...

2017年3月7日火曜日

マツダアテンザ

「某雑誌でマツダ車が『ステマ』絶賛されている件」

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: BMW8シリーズが復活!!「デザインに秘密あり」

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: BMW8シリーズが復活!!「デザインに秘密あり」: BMWの開発コードが「G」となり、シャシーも刷新されています。前の世代のシャシーを使ったモデルは商業的にはボチボチだったようですが、「出来損ないのクラウン」と「メタボなハチロク」の上・下2つのFRシャシーの個性は極めて薄く、およそスポーティと呼ぶには難がある代物でした。「下」...

2017年3月6日月曜日

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: シビックが狭山で生産される意味とは!?

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: シビックが狭山で生産される意味とは!?: ネットで誰でも手軽に情報が得られる時代になって久しいです。ネットで情報収集する際には英米独のカーメディアに手軽にアクセスできるので、おかげさまで学生時代よりも英語、ドイツ語に関しては素早く読めるようになったかも・・・。「日本のカーメディアと違ってずっとまともだな〜!!」なんて...

2017年3月5日日曜日

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: クルマ選びの新常識 「SUVとはセダンだ!!」

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: クルマ選びの新常識 「SUVとはセダンだ!!」: 「クルマの種類が多過ぎて何を買ったらいいかわからないんだけど〜・・・」 「悩む必要ないさ!!『ホンモノ」と『ニセモノ』の2種類しかないから」   冗談はさておき、「ある程度クルマがわかっている人」にとっては、1000万円以下のクルマならば、選ぶのにほとんど時間なんてかかりま...

CARDRIVEGOGOの日記

「国沢光宏さん と 宮台真司さん 大いに語る」

2017年3月3日金曜日

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: シトロエンDS7クロスバック 「PSAグループ渾身の咆哮!?」

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: シトロエンDS7クロスバック 「PSAグループ渾身の咆哮!?」: 日本に導入されるかも全く解らないモデルなんですけども、たぶんこのクルマは近々日本に導入されると思います。せっかく日本市場向けにディーゼルエンジンを微調整して、プジョーとシトロエンの複数のモデルに搭載してきたPSAグループですが、まだまだ現状ではDSを含めた3ブランドでボ...

2017年3月2日木曜日

2017年2月28日火曜日

CARDRIVEGOGOの日記

「ダウンサイジングターボ以外は認めないといっていた連中はどこへ!?」

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: アクアやプリウスよりも安く!!輸入ブランドの戦略。

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: アクアやプリウスよりも安く!!輸入ブランドの戦略。: 「199万円」あるいは「299万円」の価格で横並びにブランドのボトムグレード(「客寄せモデル」)を設定するようになった輸入車ブランド。この動きに参入しているブランドはどんどん増えていて(巻き込まれていて)、メルセデス、BMW、VW、プジョー、シトロエン、フィアット、ルノーとい...

2017年2月26日日曜日

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: いよいよシビックがやってくる。そして全てが変わる!?

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: いよいよシビックがやってくる。そして全てが変わる!?: 北米で大ヒット驀進中。さらに北米COTYも堂々の受賞。アメリカ政府に愛される日本メーカーが企画する「アメリカ発のグローバルセダン」つまりアメ車・・・。果たして日本の街並に合うのか!?もよくわかりませんが、3ボックスタイプ(セダン)の北米量販タイプを狭山工場に新造したラインで生...

2017年2月25日土曜日

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: スポーツカーの定義は!? トヨタ86の真贋

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: スポーツカーの定義は!? トヨタ86の真贋: 「彼氏にはどんなクルマでデートに来てほしいですか?」   「やっぱりスポーツカーかな〜」   よーし俺もスポーツカーのオーナーになろう!!そう思ってはみたものの、世間一般で言われているスポーツカーってどんなクルマなのでしょうか!? 誰しも自分の考えと世間の認識の間にそれ...

2017年2月22日水曜日

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 斎藤慎輔氏 やっぱりスバルには噛み付かない!?(ティーポ3月号)

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 斎藤慎輔氏 やっぱりスバルには噛み付かない!?(ティーポ3月号): 斎藤さんに限った話ではなく、どうやら多くのライターさんに同じような傾向が見られるので、ちょっとネタにさせて頂きました(笑)。フランス車・イタリア車を中心に扱うティーポという月刊誌で連載を持つ斎藤さんですが、1月号ではジャガーXEを、2月号ではプジョー208GTiを、それぞれK...

CARDRIVEGOGOエリア9

「やっぱりトヨタが嫌いだ!!その2」

2017年2月21日火曜日

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: フィアット・パンダ(MC)・213万円 やっぱり輸入車買うなら本国生産!!

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: フィアット・パンダ(MC)・213万円 やっぱり輸入車買うなら本国生産!!: フィアットといえばAセグのFIAT500が日本でもよく知られていますが、同じシャシーやユニットを使ってホンダ・フィットみたいにストイックに実用に振ったボデーを載せたクルマが「パンダ」です。1979年のデビューからかれこれ40年近くが経過していますが、まだなんと3代目です。20...

マツダアテンザ

「2017年のマツダを占う いよいよ買いのタームでは!?」

2017年2月18日土曜日

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: マツダなら「バカ」から入ろう!!

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: マツダなら「バカ」から入ろう!!: 前々回、前回に引き続き「マツダ批判」です。最近リコールが多いですね。先代モデルからも現行モデルからも・・・エアバックか!?と思いきや現行では違うところから発生しているようです。スカイアクティブ以降のモデルは予定を早めて発売しているものが多く、検証する時間が十分にとれなかったの...

2017年2月17日金曜日

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: 輸入車好きにナメられないクルマ(日本車編)

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: 輸入車好きにナメられないクルマ(日本車編): 相変わらずマヌケなタイトルですねー。我ながらちょっと呆れます。けれどもこういう企画をどんどんやらなきゃダメだーって思ってます。最近ではどうも「価格」でクルマの良し悪しを判断しちゃう情けないオッサンが多過ぎる気がするんです(昔からだね)。それって大学を「偏差値」だけで判断するみ...

2017年2月15日水曜日

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: 「ザ・ドイツ車」といえば!? ホンモノはこれだ!!

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: 「ザ・ドイツ車」といえば!? ホンモノはこれだ!!: 「日本メーカーが日本市場の為に日本ファーストで作ったクルマ」の代表格が、クラウン、マークX、プレミオ、アルファード、ノア、シエンタといったトヨタ車と、ホンダ、日産が作る対抗のミニバン。ステップワゴン、フリード、セレナなど。どれも売れるべくして売れていて、やっぱり日本メーカーは...

2017年2月12日日曜日

マツダアテンザ

「アクセラ 『2つの顔』のジレンマ」

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: プジョー3008 「幸せなカーライフが送れるクルマ!!」

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: プジョー3008 「幸せなカーライフが送れるクルマ!!」: 2016年にいよいよ日本市場に大挙して本国フランス市場で圧倒的なシェア(70%以上)を誇るディーゼルを投入してきたPSAグループ。ディーゼルのシェアがドイツ(55%)よりもはるかに高いということもあり、いろいろな意味でお騒がせなドイツメーカーとは違ってマツダに迫る静音設計と評...

2017年2月10日金曜日

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: スズキの新デザインは欧州メーカー出身者の仕業なんだってさ。(ニューモデルマガジンX3月号)

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: スズキの新デザインは欧州メーカー出身者の仕業なんだってさ。(ニューモデルマガジンX3月号): スズキの新デザインがクルマ好きの間で話題になっています。もちろん大ヒットのハスラーでも新型スイフトでもなくて、なかなか「凝っている」と好評なのが、アルトとイグニスの2台です。どちらもとても印象的で、英国車MINI、ドイツ車ザ・ビートル、イタリア車フィアット500にも対抗できそ...

2017年2月4日土曜日

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: Liar!Liar!・・・日本メーカーも!??

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: Liar!Liar!・・・日本メーカーも!??: 「疑り深いヤツになっちゃたのは、週刊誌のせいじゃない、オマエのせいでしょ、でも真実を知ることがすべてじゃない」   かつてNHKのプロジェクトXが盛り上げたように、今も昔も「技術立国」であることに変わりはない日本の製造業。「ものづくり」へ情熱を燃やすことはあらゆるメーカ...

2017年1月30日月曜日

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: BMW・Z5 ブランド初の専用設計FRスポーツ!?BMWもいよいよ本物かい。

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: BMW・Z5 ブランド初の専用設計FRスポーツ!?BMWもいよいよ本物かい。: 最近のカーメディアの流行のワードは、「(日産の)プロパイロットは初心者レベル」みたいです・・・。一体どこのスポンサーがそう言わせているのやら。カーメディアでは指定したワードを1回使うと相応の金額が振り込まれる仕組みがあるようですね・・・。そんな茶番はもう2013年で懲り懲りで...

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: マツダに一言・・・もっと「偉大な過去」に学べばいいのでは?

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: マツダに一言・・・もっと「偉大な過去」に学べばいいのでは?: 前回に引き続いて、もっともっと頑張ってもらいたいマツダに「為になる批判」をしてみたいと思います。今年(2017年)になってドイツのネットメディアのヘッドラインとして報道されていましたが、2018年末頃には新型MAZDA3(アクセラ)が投入されて、早くも全く新しいガソリンエンジ...

2017年1月24日火曜日

CARDRIVEGOGOエリア9

「シトロエンが今年の日本でブレークでは?」

マツダアテンザ

「沢村慎太朗さんが最新刊でマツダの今は亡きショートストロークMZRを絶賛!!しかし・・・」

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: VWティグアン 「ゴルフの時代は終わった。ニュースター誕生の予感」

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: VWティグアン 「ゴルフの時代は終わった。ニュースター誕生の予感」: 新大統領就任で自動車業界にも大きな変化が噂されるアメリカ市場ですが、新興EVメーカー・テスラの台頭などもあって、なかなか新規参入が難しいと言われる高級車市場において大きな変化が報じられています。特に衝撃的だったのが顧客満足度や品質などの調査機関が相次いで、これまでトップの常連...

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: クルマプレイボーイとかいう雑誌で小沢コージさんがテキトーな仕事やってるよー。

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: クルマプレイボーイとかいう雑誌で小沢コージさんがテキトーな仕事やってるよー。: 最初に言っておきますけど、小沢コージさんはわりと好きなライターの1人です。正直に言えばあの独特の軽いノリに関しては、当初から「なんだコイツは!?」と思ってましたけども、彼がさまざまな媒体で手掛けるレビューを10、20と読んでみて少しずつ気がついたのが、この人は自動車ライターの...

2017年1月19日木曜日

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: シトロエンDS5 ディーゼル追加でレザー仕様が497万円

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: シトロエンDS5 ディーゼル追加でレザー仕様が497万円: フランスの大統領公用車にも使われるシトロエンDS5。見た目に優雅ではありますけども、いわゆる高級リムジンとは方向性が違うクルマで、トヨタのロングセラーミニバンであるエスティマを彷彿させるスタイルで、キャビンにゆとりがあるクロスオーバー・サルーンという独特の立ち位置です。これで...

2017年1月12日木曜日

CARDRIVEGOGOの日記

「安全なクルマとは・・・輸入車大好きなバブル世代に教えてあげよう!!」

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: なぜ最近のニューモデルマガジンXはVWに冷たいのか!?

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: なぜ最近のニューモデルマガジンXはVWに冷たいのか!?: 一体どーしたんですかね!?広告費の支出を打ち切られた?もしくは減額されたのかな!?(余計なお世話だ!!) ゴルフGTEやゴルフRといった国内では絶対に売れないようなクルマ(500万円のスイフトみたいなクルマ)を猛プッシュしていたのは、もう1年くらい前になるのかもしれませんが、...

2017年1月10日火曜日

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: マツダを批判するなんてこいつは何様なんだ〜〜〜!!?

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: マツダを批判するなんてこいつは何様なんだ〜〜〜!!?: 誰でも経験のあるとこでしょうが、子どもの頃に何か新しいことをやろうとすると、いつも母親が小言を言って反対しましたね。10代後半になるとそれがうっとおしくて堪らなかった。現状を変えようと思って行動しているのに、変化を望まないなんて!!この社会はだんだんと終わりに向かっているのに...

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: インプレッサやプリウスという選択は「負け」だ!!

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: インプレッサやプリウスという選択は「負け」だ!!: もちろんいいクルマですよ!!インプレッサもプリウスも。クルマにあまり興味がない人にとっては限りなくベストな選択だと思います。ただしファミリーカーの用途にはち少々手狭なキャビンの使い勝手はどうなのでしょうか?インプレッサに関しては燃費もやや不満かも。結局のところは、この2台の「...

2017年1月7日土曜日

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: 2016年は輸入車ブランドの転換点だった!!と記憶される!?

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: 2016年は輸入車ブランドの転換点だった!!と記憶される!?:    2015年の下半期に巻き起こった「VW疑獄事件」の余波が収まらないままに始まった2016年でした。プジョー、シトロエン、ボルボなどイマイチ調子が上がらない欧州ブランドにとっては、せっかくディーゼルという「日本市場への手掛かり」を見つけ出した矢先だったのに、とんでもない事が起...