2017年9月24日日曜日

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: マツダCX8「期待の3列も強敵が多い!?」

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: マツダCX8「期待の3列も強敵が多い!?」: マツダの新しい戦い  いよいよマツダから話題の6/7人乗りプレミアムSUV「CX8」が登場しました。マツダにとっては久々の3列シート車の登場で、ここ数年の間にマツダに興味を持ってくれたユーザーとはやや違った客層にマツダ・クオリティは通用するか!?   2012年のデザ...

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: カーメディアはとうとう死んだのか・・・!?

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: カーメディアはとうとう死んだのか・・・!?: いきなり 引用 から失礼します。 「可変ギア比ステアリングと聞くと、新型車に乗るぞ、と華やいでいた気分が暗転する。ホンダS2000に採用されていたVGSからBMWの先代E60系5シリーズを経て、メルセデス・ベンツの現行W212系Eクラス前期型と、それを飛び道具として喧伝する車...

2017年9月23日土曜日

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: 『いいクルマ』とはなんだ!? その3 (6位、5位)

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: 『いいクルマ』とはなんだ!? その3 (6位、5位): 前々回、前回に引き続き、『いいクルマ』について存念なく語ります・・・よかったらお読みくださいませ。ちなみに10位VWゴルフ、9位デミオ、8位イグニス、7位ルーテシアと下位は「妥当」なモデルが並びます。今回からいよいよ上位トップ5に突入!!(今回からが本題です!!) 第6位...

CARDRIVEGOGOの日記

「気が付いたら全部EVになっているかもしれない・・・」

2017年9月15日金曜日

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: スズキ・スイフトスポーツ 「欧州ワイド版ベース&トルコンATもあり!!」

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: スズキ・スイフトスポーツ 「欧州ワイド版ベース&トルコンATもあり!!」:      スイフト・スポーツを指して「スペシャルティカー」と称するのは多少語弊があるかもしれないですけど、『スペシャル』という言葉には、どのブランドにとっても「クルマ好き」を徹底ターゲットにしたモデルを指す熱さがある。自動車技術が日進月歩だった60〜90年代ならば堂々たる...

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: 『いいクルマ」とはなんだ!? その2 (8位、7位)

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: 『いいクルマ」とはなんだ!? その2 (8位、7位): 前回に引き続き、「〇〇はいいクルマだよ〜」と言われることが多いクルマのランキングを発表していきます。ランキングとはいえ完全に独断と偏見で選んでいるだけですのでご了承くださいません。ちなみに10位はVWゴルフ、9位はマツダ・デミオでした。どちらも当たり前過ぎるのでとりあえず序盤に出...

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 「日本車の原価はホント安い!!」ってマガジンXが・・・。

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 「日本車の原価はホント安い!!」ってマガジンXが・・・。: いきなり引用です・・・『身も蓋もない話になるけど、日本車の原価は本当に安い。べつにプレミアムカーだけを売っているわけでもないのに、欧米メーカーに比べて売上高営業利益率がこれだけ高いというのは、いかにコストをケチっているかということだよ』   ほー・・・安いということは、日...

2017年9月11日月曜日

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: CX5AWDの性能は『世界一』だとK沢さんが太鼓判・・・

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: CX5AWDの性能は『世界一』だとK沢さんが太鼓判・・・: この前のベストカーでSUV特集が組まれていて、まあとにかく『XV』と『CX5』を絶賛するというヨイショ企画だなーとか思いながら読んでました。どちらもいいクルマなのはよくわかるんですけど、スバルやマツダを持ち上げる時は、なぜかドイツ車はでてこない・・・。   AWD性能を比...

2017年9月8日金曜日

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: アウディA5 「フォーシルバーリングス復活の予感!?」

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: アウディA5 「フォーシルバーリングス復活の予感!?」: クルマであれこれ考えたくない人向け!?   「クルマなんてなんでもいい」・・・って言うのは簡単ですけども、現実に当てはめると色々と障害があります。「なんでその服を買ったの!?」って言われたら、もう着なきゃいいだけの話ですけども、「なんでそのクルマに乗ってるの!?」って言われた...

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: 『いいクルマ』ってどーいう意味だろう!?ゴルフ と デミオ

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: 『いいクルマ』ってどーいう意味だろう!?ゴルフ と デミオ: 「スイフトはいいクルマだ」「ゴルフはいいクルマだ」「デミオはいいクルマだ」「インプレッサはいいクルマだ」・・・とかよく聞きますけど、形容詞は「いい」だけしかつかなくていいのかな!? 細かい説明なんて面倒だし大して伝わらないから省略なのかな!?   日本語の奥深さなのかもし...

2017年9月3日日曜日

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: ドイツ車が無くなる・・・そんな現実を受け止められますか!?

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: ドイツ車が無くなる・・・そんな現実を受け止められますか!?: 沢村慎太朗さんの最新刊「午前零時の自動車評論13」が発売されました。この単行本シリーズは筆者が書いているメルマガの記事をテーマを選別して加筆修正をしてまとめているものです。メルマガを書いたタイミングと単行本の発売のタイムラグを感じさせない沢村さんの普遍的な文体もさすがですが、...

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 沢村慎太朗著「午前零時の自動車評論13」

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 沢村慎太朗著「午前零時の自動車評論13」: 沢村さんは相変わらずの通常運転なんでしょうけども、読み手が頭に描いている自動車業界の概観をあっさりと変えてしまうくらいの「深さ」がありますねー。このライターの鋭い面が如実に現れた1冊だと思います。   カーメディアとは、実際にどれくらいユーザーに影響を与えるものなのだろう...

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: スズキSX4Sクロス 「日本メーカーのAWD&ターボの価値」

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: スズキSX4Sクロス 「日本メーカーのAWD&ターボの価値」: 目下のところ欧州全域で大ブレーク中のスズキです。とうとう最新の月間販売台数では、伝統的に欧州に強いあのマツダを追い越すまでに成長しました!!ちなみに日本メーカーの欧州シェアは1位トヨタ&レクサス 2位日産 3位スズキ 4位マツダ 5位ホンダ 6位三菱・・・アメ...

2017年8月17日木曜日

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 東洋経済オンラインが・・・ランエボを語る

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 東洋経済オンラインが・・・ランエボを語る: ネットユーザーってのは良くも悪くも『なんでもあり』なんですよね。『東洋経済』という看板を掲げたお堅いメディアが、まるで2チャンネル掲示板並みに下世話なニュースを垂れ流す、このギャップがそれなりに地殻変動を起こしています。『ビジネスリーダーのための高級誌』イメージが。今では典型...

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: せっかく買うなら(もし可能なら)規格外なクルマがいい!?

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: せっかく買うなら(もし可能なら)規格外なクルマがいい!?: 日本の道路には『カースト』みたいなものがあります。そーです!!いいクルマに乗ってる奴が偉い!!みたいなある種の幻想です。   その『カースト』の頂点に立つのは、もちろん『スーパーカー』です。スーパーカーにはっきりした定義はなくて色々面倒なので、勝手に決めます。①1モデルの...

2017年8月12日土曜日

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: これは失敗作!?ちょっとやばいエンスー向けモデルが大量発生中。

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: これは失敗作!?ちょっとやばいエンスー向けモデルが大量発生中。: 本当に下世話なテーマで恐縮です。・・・日本とドイツをそれぞれ代表する「スポーツカーを作るのが究極に下手なメーカー」同士が、無謀にも極秘に手を組んで共同開発した新型スポーツカーを、来年あたりに世界同時に発売するらしいです。全く興味がないのでどーでもいいですけど、もう最初っから嫌...

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 清水草一と渡辺敏史・・・やっちまったな。(ちょっと過激です!!)

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 清水草一と渡辺敏史・・・やっちまったな。(ちょっと過激です!!): 少々敏感に反応しすぎかもしれないですけど、『これは無いわー』っていう連載記事に遭遇してしまいました。出所がそもそも悪名高い『ベストカー誌』なので、何が出てきてもとりあえずは驚かないですけど、かなり名の通った清水草一&渡辺敏史の両氏によるジョイント連載となると話は別。カ...

2017年8月3日木曜日

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: 超絶に気持ち悪いクルマが出てきた〜・・・ゲロゲロ(50歳以上は読まないで!!)。

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: 超絶に気持ち悪いクルマが出てきた〜・・・ゲロゲロ(50歳以上は読まないで!!)。: 自動車メーカーが「走りを楽しむ人のために」とかPRする時に、良いクルマが出たことない説。ユーザーの側が単に『あまのじゃく』なだけなのでしょうか?メーカーが『スポーティ』だと煽るほどに、不思議とちょっぴりダサくみえてくるものです・・・。いや『ダサく』はないけど『駄作』だ・・。最...

2017年8月1日火曜日

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: スイフトに『大きな拍手』という立派なタイトル、あれ!?やっぱり上から目線ですか・・・

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: スイフトに『大きな拍手』という立派なタイトル、あれ!?やっぱり上から目線ですか・・・: 『web CG』でスイフトのフルHVのロングレビューが出てました。タイトルは「大きな拍手を送りたい!」だそうです。正直言って感触が全く良くない、と言うより食わず嫌いのレベルで敬遠されそうなHV化した新型スイフトを、どこぞの偉いライターさんがじっくり乗り込んで良い部分を存分に打...

2017年7月30日日曜日

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: ホンダ・シビック 「価格装備発表・・・間違いなく絶妙!!」

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: ホンダ・シビック 「価格装備発表・・・間違いなく絶妙!!」: いよいよシビックの日本価格が発表になりました。おおよそ予想通りでシビックセダンは1グレードのみの265万円です。ちょっと高級に乗りたい人にはレザー&パワーシート(運・助)と17インチホイールの『セットオプション』で25万円。エクステリアその他のオプションを無視すれば、...

2017年7月29日土曜日

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: アルファロメオ4C 「理想論だけではダメなのかなー」

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: アルファロメオ4C 「理想論だけではダメなのかなー」: 大変に失礼ですが、個性的な設計のクルマには、冷静にその構造を分析できる優秀なレヴュアーが必要ですね。最初から最後まで「アルファロメオは新しくプレミアムになるんだからこれじゃあ・・・」を連呼しているだけなら、その辺のクルマが好きなじーさんにだって言えるよ。プレミアムといって...

2017年7月28日金曜日

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: ダイハツ・コペン&ミライース 『ダイハツの時代がやってきた!!』

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: ダイハツ・コペン&ミライース 『ダイハツの時代がやってきた!!』: ダイハツの軽自動車に対しては、これまでも『Kカーとは思えないほどガッチリしてる』など非常に好意的なレビューが多かったりするんですが、ここ数年はホンダの軽自動車への『復帰』によってかなり打撃を受けています。限られた市場の中に、世界的な『クルマ屋』が本気で乗り込んでく...

2017年7月17日月曜日

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 斎藤慎輔さんが辛口じゃなくなった!?

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 斎藤慎輔さんが辛口じゃなくなった!?: イタリア・フランス車を中心に扱う月刊雑誌『ティーポ』が絶好調です!!面白い!!新型モデルが続々で話題に事欠かないようで、この数ヶ月の各号では『アルファロメオ・ジュリア』『アルピーヌA110』『アバルト124スパイダー』のニッチな話題をどの雑誌よりも多い情報量で伝えています!!...

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: FF車の選び方。

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: FF車の選び方。: フロントにエンジンを搭載し、フロント車輪で駆動のクルマを一般に『FF』と言います。「FFなんて絶対に嫌だね・・・」とかいう人もいるくらいで、実際に比較的に価格が安いクルマに多く採用されています。クルマのことなんかあまり気にしないヤツが喜んで乗るクルマがFFだ!!なんていうひど...

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: レクサスLS 「もはやセルシオではない・・・」(関係者&購入者は読まないで!!)


CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: レクサスLS 「もはやセルシオではない・・・」(関係者&購入者は読まないで!!): 5200mmですかー!!とにかくサイズで主張するどっかの国のトレンドにすっかり取り込まれていますが、これはもう仕方ないことかもしれません。プレゼンを行った二人のオッサンはレクサスカンパニーの役員でしょうけど、サラリーマンな雰囲気丸出しです。そしてこのクルマも失礼ですが...

2017年7月16日日曜日

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: アバルト595 「ピッコロモンスターのエンスーライフ」

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: アバルト595 「ピッコロモンスターのエンスーライフ」: 100万円でアルト&ミライースが、200万円でスイフトスポーツ&S660が、300万円でアバルト595、マツダロードスターが買える。まだまだ十分に幸せなカーライフが日本でもしばらくは送れそうです。『とことんまで割り切った』という意味でも、軽やAセグはいい...

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: ダイハツ・ミライース 『なんかカッコよくないですか!?』

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: ダイハツ・ミライース 『なんかカッコよくないですか!?』: 見る角度によってはトヨタの『アノ』新型SUVに見えなくもないです。いやいやこれは確信犯だなーデザイナーは『指示通り』に確実にモチーフなどを寄せているはず!!名前だって『MIRAI』みたいだし(これはたまたまでしょうけど)。なんだかダイハツがトヨタに取り込まれて『軽自動車...

2017年7月13日木曜日

CARDRIVEGOGOエリア9

「210万円 vs 216万円の日仏ドッグファイト!!」

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: ベストカーは覆面素人ライターによる詐欺的記事を使うのやめろ!!

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: ベストカーは覆面素人ライターによる詐欺的記事を使うのやめろ!!: 日本カーオブザイヤーの選考委員になっているライターがたくさん登場する業界ナンバー1の発行部数を誇る『ベストカー』。月刊のクルマ雑誌が相次いで消えている中で、唯一『月2回発行』を維持できるのは『講談社』の力が大きいようです。それでも出版不況の影響もジリジリとあるようですね。毎回...

2017年7月12日水曜日

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: トヨタ・カムリHV 「セダン復権に異議あり!!」

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: トヨタ・カムリHV 「セダン復権に異議あり!!」: 「セダンを復活させる」とトヨタが何やら息巻いています。それじゃあこのクルマが売れなかったらセダンは『完全終了』になるのかな!? ちょっと辛辣かもしれないですが、年配のセダンが好きなユーザーに共感してもらおう!!という、これまで通りの「口だけ」で終わりモード!?具体的には何かを...

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: トヨタのスポーティなクルマたちの「秘密」。

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: トヨタのスポーティなクルマたちの「秘密」。: 新型カムリHVが発売になりました。大変身!!とのことですが、なるほど車体寸法からもトヨタの思惑が透けて見えますね。個人的に最近のセダンは「全長✖️全高」の数値がとても大事で、セダンのスタイル(=セダンの価値)を大まかに決めてしまうのかなーと思っています。   ちなみに先代...

2017年7月11日火曜日

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: レクサスRX 「トヨタがやりたいこと」

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: レクサスRX 「トヨタがやりたいこと」: 輸入車ブランドやマツダなどが好きな人にとっては、トヨタってなんだかぼやけたクルマ作りをしているメーカーに見えるかもしれませんが、トヨタにも『らしさ』ってのがあります。VWやホンダの動向を見ながら、オーリスやウィッシュなど他社のコンセプトをそのまま頂戴しているようなクルマもあり...

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: ルノー・キャプチャー 「タイミングが悪かった?次行ってみよー」

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: ルノー・キャプチャー 「タイミングが悪かった?次行ってみよー」: ルノーというメーカーには商売気があるのでしょうか!? 日産の親会社という立場で世界に立ち回っている商才の塊みたいなグループの印象もありますが、あまりやる気を感じないですよねー。日本に入ってくる一定規模の輸入ブランドの中では、内装のレベルが世界標準(日本標準)から最も遅れている...

2017年7月6日木曜日

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 『スライドドアは商用車のイメージ』だってさ・・・。

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 『スライドドアは商用車のイメージ』だってさ・・・。: 全く記事の内容をチェックしていない(?)かのような、クルマ専門のキュレーションサイト『オートックワン』。このサイトのコラムの執筆陣がなかなか憑依していて、毎回毎回やたらと『ザワザワ感』を助長するタイトルが出てきます。これこそネット時代の戦略なのでしょうけど、よくこれだけ『エグ...

CARDRIVEGOGOエリア9

「200万円 と 2000万円 で下げ止まる自動車価格」

2017年7月4日火曜日

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: BMWの『PHEV』シリーズ どれも安過ぎる気がするけど・・・。

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: BMWの『PHEV』シリーズ どれも安過ぎる気がするけど・・・。: BMWからいつもとはちょっと違った『DM』がやってきた。普段は開封もせずにゴミ箱行きですが、『PHEV』の文字に興味を感じて開けてみたらびっくりです!!えー!!これは安くないですかー!!プリウスPHVとか買ってる場合じゃないですよー!!BMWディーラーに行って少し値引き頑張っ...

2017年7月3日月曜日

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: シボレー・カマロ 『今最も売れて欲しい輸入車』

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: シボレー・カマロ 『今最も売れて欲しい輸入車』: 硬派なにーちゃんがコロがす粋ったプライベート3BOXカーといえば!? やっぱり32~34のスカイラインでしょうか。当時は他にもディアマンテやセイバーなど、不思議な魅力を持つ3BOX車がありましたが、この3世代のスカイラインが持つ独特の雰囲気は、セルシオ、セドリックなどのVIP...

Rage Against the (import) Machine『輸入車なんて大抵カスだ!!』

「アウディQ2 コンパクトSUVとは、奇抜な扇風機みたいなもの」

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: シトロエンC3 「日本市場で爆発するポテンシャルありそう」

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: シトロエンC3 「日本市場で爆発するポテンシャルありそう」: 最近のオシャレな小型車で大流行している塗り分けです。街中にこの『白・黒・赤』が繁殖するのとしたら・・・ちょっと異様な光景なのかも。シトロエンだったらもっともっと独創性があってもよかったんじゃないの? フロントのレトロフューチャーな装いと、サイドのウレタンパネルで...

2017年7月1日土曜日

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: レクサスRC 『実は2010年代で最も重要なクルマかもしれない・・・』

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: レクサスRC 『実は2010年代で最も重要なクルマかもしれない・・・』: レクサスってのは一定以上の所得を稼ぐ人向けの『特別なブランド』です。一般的にはプレミアムブランドなんて言われています。日本車なのに乗っているだけでお金持ちアピールができるというなかなか画期的なブランドです。『金持ちアピール』という商品価値さえ裏切らなければレクサス車としては合...

2017年6月29日木曜日

CARDRIVEGOGOの日記

「ポルシェとマツダは『WINKとPERFUMEくらい違う!!』」

CARDRIVEGOGOエリア9

「盛大なる後出しジャンケン大会!?」

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 「ホンダは途方もない夢ばかり追っている」とオザーさんが仰ってますが・・・

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 「ホンダは途方もない夢ばかり追っている」とオザーさんが仰ってますが・・・:   NIKKEI STYLEとかいうウェブメディアに『小沢コージ』クレジットの非常に『?』記事が出ています(下にリンク有り)。またまた最近流行りの『名義貸し』のようですね・・・。現役のモータージャーナリストしかも第一人者でもあるオザーさんが『最近のホンダはF1にしろずいぶん途方も...

2017年6月28日水曜日

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: VW新型ポロGTI 2Lターボ200psで来年日本へ!?

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: VW新型ポロGTI 2Lターボ200psで来年日本へ!?: もしかしたらVWが日本から撤退するのでは!?なんて結構マジで思ってましたー。最近MCが行われたゴルフも中国、東南アジア、インド限定で流通している1.2Lターボ(EA211)のままで日本向けモデルを生産し続けるようですが、このエンジンでは日本の2017年排ガス規制のNOx量をク...

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: 複数の日本メーカーが新型スポーツカーを作る!!と吹かしている件

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: 複数の日本メーカーが新型スポーツカーを作る!!と吹かしている件: 『スポーツカー作ります!!』宣言が日本メーカーの間でちょっとしたブームになっているみたいです。今年に入ってからマツダから『RX8の後継スポーツカーの市販を決めた!!』というニュースが流れると、今度は三菱から『ランエボ復活を検討』との報道が流れ、さらにホンダが『S2000をFR...

2017年6月26日月曜日

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: ボルボS90 「なぜいま大型セダンなのか!?」

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: ボルボS90 「なぜいま大型セダンなのか!?」: スバルの新型セダンS90は、フォードマスタングと同じデザイナーの仕事なのかな!?というくらいになかなかデジャブな風貌です。BMWっぽい、マツダっぽいと言う人もいるでしょうけども、このマッチョは4ドアサルーンのシルエットは、先代/新型5erや現行アテンザでも急速...

2017年6月25日日曜日

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: スズキ・ソリオ 「刺激を追求したミニマムファミリーカー = いいクルマ」

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: スズキ・ソリオ 「刺激を追求したミニマムファミリーカー = いいクルマ」: 『良いクルマ』の定義は色々あります。BMWやマツダが好きな人の頭の中には、『このクルマに乗っている俺はかっこいい!!』とかいう先入観が少しはあるでしょうし、クルマの力で自分の魅力までパワーアップして、もしかしたら素敵な美女とドライブデートできるんじゃないか!?なんて妄想し...

2017年6月20日火曜日

2017年6月18日日曜日

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: メルセデスEクラスクーペ 「まさかのベスト・バイ!?」

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: メルセデスEクラスクーペ 「まさかのベスト・バイ!?」: みんながみんな『ファミリーカーいいね!!』と言ってたらクルマ文化はどーなってしまうのか!? 4人家族でMINIコンバーティブル乗ったらいいじゃん。え?2ドアだと流石に面倒臭いって!?「とーちゃんは貧乏だからドアが2つで、屋根が布のクルマしか買えないんだ〜」などと惚けてさ・・・...

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: シビックは3シリーズより売れればOKじゃないの!?

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: シビックは3シリーズより売れればOKじゃないの!?: シビックに文句があるなら還暦やアラフィフは買わなきゃいいじゃん!!(イメージが悪くなるし!!)。いつもどおりのことですけど、以前からある車名に、どーでもいいノスタルジーを押し付けてディスるの好きですよね・・・。スカイライン、クラウン、NSXなどなど。そして比較的に新しい車名の...

2017年6月15日木曜日

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: VWゴルフR 『AWD&ターボでなければ車にあらず!!』

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: VWゴルフR 『AWD&ターボでなければ車にあらず!!』: 欧州市場では700ps、800psといったコンプリートモデルまである完全に『輩』なクルマ・・・ゴルフR。ここまでくると日本人の感覚だとほぼ理解不能なお遊びマシンなんでしょうけども、高性能車を相手に堂々のドラッグレースやってたりするので、日本で言うところのスカイラインGT-Rの...

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: スズキ・エスクード 「なんかパクられちゃいましたー」

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: スズキ・エスクード 「なんかパクられちゃいましたー」: カーメディアも全然騒いでくれないんですけども、ヤラれました・・・。これはもう弁解の余地はないでしょう!!けれども悲しいことに全く知名度がないスズキ・エスクードゆえに誰も指摘してくれない!!まあ某フランスブランドの仕業なんですけども、そのブランドも日本での生き残りをかけて、デザ...

2017年6月14日水曜日

マツダアテンザ

「歴代アテンザのデザインと4代目の行方」

CARDRIVEGOGOの日記

「FFのマツダとRRのポルシェが、FRで『最終戦争』か!?」

CARDRIVEGOGOエリア9

「スバルXV 『SUVは感情でデザインするんだなー』」

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 『ベストカー』とかいう雑誌があまりに難し過ぎて意味がわかりません。

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 『ベストカー』とかいう雑誌があまりに難し過ぎて意味がわかりません。: 普段は買わないけども、深夜に行ったコンビニでついつい購入しちゃった自動車雑誌。内容は色々盛りだくさんですけども、メイン企画の『日本車VS欧州車』という企画が、ブログの参考になりそうなのでじっくりと読ませていただきました。プロが書いた文章だからさぞかしわかりやすいと思ったのです...

2017年6月13日火曜日

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: 新型シビック のように『走れる』モデル。

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: 新型シビック のように『走れる』モデル。: ホンダが7月にシビックを正式発表するようですが、どうやら狙いは単純で『走れる』モデルを作ることだけみたいです。スポーツカーを除く乗用車の中で、C/Dセグメントのセダン、ハッチバック、ワゴン、クーペは、日本市場において、日本車も輸入車もほぼ例外なく走りに主眼を置いて開発されてい...

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: レンジローバー・ヴェラール 「フルサイズSUVで700万円!!』

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: レンジローバー・ヴェラール 「フルサイズSUVで700万円!!』: 『気分良く乗れて、基本性能が充実しているSUVならばなんでもいいよ!!』・・・リゾホ、タワマン、カフェ、パブ、ラウンジなどに居場所を求める『オシャレ』現代人にとって、意外にもそれほど関心がないことが、自動車(腕時計、ウェア)の『ブランド』だったりするようです。誰かと同じじゃや...

2017年6月12日月曜日

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: マツダCX3 「なんでこのブランドは最初からコレなんだ・・・」

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: マツダCX3 「なんでこのブランドは最初からコレなんだ・・・」: 「最近のマツダはカッコいいよね!!」とか寝ぼけたことを言ってる奴に、見てもらいたいのが「マツダのすべて」というムック。歴代のマツダ車がづらづら並んでいる誌面を見ても、まだ同じこと言うのかなー。その寝言をほざくだけで、クルマのこと何もわかってない奴ってことがバレますよ。評論家も...

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: メルセデスSL 「レイシスト!?名門の原型』

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: メルセデスSL 「レイシスト!?名門の原型』: 経営合理化に突き進むメルセデスですが、その敷居はどんどん下がってきたな〜・・・と感じるのですけども、『SLに乗る』という敷居は高いままですね。このモデルに関しては型落ち中古車両を300万円程度で買うという安易な選択がすでに『NG』ですからねー。SLの中古車を買うことは法律で禁...

2017年6月9日金曜日

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: ルボラン7月号を読んで『日本車への偏見』をもっと高めよう!!

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: ルボラン7月号を読んで『日本車への偏見』をもっと高めよう!!: さすがは輸入車専門雑誌『ルボラン』ですねー。7月号は複数のモデルでMCが行われたアウディの『大特集』と『世界に挑戦する日本車』。なんで日本車が世界に挑戦しなきゃいけないの!?アメリカ人が日本生産の日本車を欲しがるから、せっせと太平洋を越えてまで輸出してると言うのに。世界ナンバ...

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: BMWは『ドイツのホンダ』!?なんか違うんじゃねー!!

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: BMWは『ドイツのホンダ』!?なんか違うんじゃねー!!: 米英のカーメディアの表現でしばしば見かけるのが、ホンダとBMWの対比。日本だとありふれたホンダと、オーナーがドヤ顔で乗っているBMWにはやや『温度差』を感じたりもするのですが、日本よりも断然に長い100年以上にわたるクルマ文化を持つ米英から見れば、どちらも『敗戦国』から彗星の...

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: 三菱エクリプス・クロス 『ゼロファイターが全てを撃墜する』

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: 三菱エクリプス・クロス 『ゼロファイターが全てを撃墜する』: 多くのメーカーにとって『ドル箱』になっている小型SUV市場。北米ではFMCを長らくしていないのにもかかわらず、ホンダCR-VやトヨタRAV4の販売台数が意味不明に伸び続けています。2016年のデータによると、マツダ、スバル、BMW、アウディ、インフィニティも営業利益のほぼ全て...

2017年6月8日木曜日

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: マツダ・アテンザワゴン 『主役になりきれない!?境界の・・・逸品』

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: マツダ・アテンザワゴン 『主役になりきれない!?境界の・・・逸品』: 『帯に短し、タスキに長し』あんまりテキトーなことを言うべきではないとは思いますが、とても良くできているのに日本市場では誰が買ったらいいのかいまいち判然としないクルマがたまにあります。アテンザワゴン、レガシィアウトバック、ジェイド、エスクードなどなど・・・。そして誰かが囁いてい...

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: BMW・M4 「スーパー・チャリオット」

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: BMW・M4 「スーパー・チャリオット」: 都会のゴミゴミした路地を、渋滞に辟易しながら流していると、ふと晴天の高原道路を気持ちよく走り抜ける情景が湧いてきたりします。場所は大分・熊本のやまなみハイウェイ。あるいは長野のビーナスライン。たまにはハイスペックなGTマシンを駆ってみたいですねー。やっぱりGT-R!?いやいや...

CARDRIVEGOGOの日記

「マツダとポルシェ以外はクルマじゃない!!の真意とは!?」

2017年6月5日月曜日

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: トヨタC-HRとレクサスLC・・・国沢光宏氏絶賛のディープな世界。

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: トヨタC-HRとレクサスLC・・・国沢光宏氏絶賛のディープな世界。: 国沢光宏さんがまたまた無邪気に動画ではしゃいでおります。『C-HR』の次は『レクサスLC』ですかい。さぞかしいいクルマなんでしょうね。『シビックは絶対に売れない!!』からと、その良い点などあまり触れようともしないですけど、C-HRの時はどーでもいい些末な情報まで垂...

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: シトロエンC3 『日本向けフル装備で堂々の登場』

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: シトロエンC3 『日本向けフル装備で堂々の登場』: 間もなく日本での販売価格も発表されるであろう三代目シトロエンC3ですが、ブランドのボトムクラスなのにこの神々しいまでの雰囲気は何だろう!! 日本仕様車がすでにシトロエンディーラーではお披露目されていて、2017年イチオシの注目車ということですでに詳細なスペックを解説が色々なサ...

2017年6月4日日曜日

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: 三菱ミラージュ 『日本車が世界最高品質であることの証明』

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: 三菱ミラージュ 『日本車が世界最高品質であることの証明』: 何だかBMW2シリーズ・アクティブツアラーをちょっと小さくしたようなスタイリングの三菱ミラージュ。もちろん真似してくるのは『三菱マニア』として密かに有名なBMWの方です。これまでもディアマンテのエクステリアデザインだとか、SUVのスタイリングだとか、直噴ターボエンジンだとか、...

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: シビックとエボとRX7が復活したら・・・

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: シビックとエボとRX7が復活したら・・・: 単なる『たられば』の話ではないです。現行の市販モデルに買う価値のあるクルマがどれだけあるのか!?という慇懃無礼なネタです。『価値』のあるモデルが市場にたくさんあるならば、クルマはもっともっと売れて良さそうなものですけどねー。現実にはカーメディアが『これだけ安全基準でメーカーが...

2017年6月3日土曜日

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: MINI・ジョンクーパー・ワークス 『MINIが日本で大勝利!!そして過熱気味のBセグ・クレイジーホ...

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: MINI・ジョンクーパー・ワークス 『MINIが日本で大勝利!!そして過熱気味のBセグ・クレイジーホ...: ちょっと語弊があるかもしれませんが、最近の自動車メーカーは一見まともそうに見えて、中身は結構『めちゃくちゃ』だったりします。『クルマをデタラメに仕上げる』ことに『価値を見出す』そんなクルマ文化は以前からありましたが、メーカーが率先してそういうモデルを手がける・・・なんだかバブ...

2017年5月31日水曜日

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: 日本車をバカにしたい!!という理由で輸入車を選ぶなら・・・。

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: 日本車をバカにしたい!!という理由で輸入車を選ぶなら・・・。: ニューモデルマガジンXで西川淳さんが、『日本メーカーがここ数年で調子に乗ってきた!これは良くない兆候だ!』みたいなことをおっしゃってました。特にターゲットになっているのは、レクサス(トヨタ)とともに国内生産維持を掲げるマツダです。アメリカにディゼルを投入するため尿素SCRシス...

2017年5月30日火曜日

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 『プレミアム!』を使いたがるライターってさ・・・

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 『プレミアム!』を使いたがるライターってさ・・・: 注意:この記事はBMW、メルセデス、アウディなどのプレミアムカブランドのファンを『クルマ音痴』だと中傷する意図は毛頭ございません。あくまで『プロ』ライターの3人の言い分に対する反論に過ぎません!!   『自動車の未来』をクソみたいな視点で語る人々が湧いていますねー。あと10...

2017年5月29日月曜日

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: BMW320dグランツーリズモ 『日本市場への切り札がついにスタンバイ!!』

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: BMW320dグランツーリズモ 『日本市場への切り札がついにスタンバイ!!』: BMWのディーゼルにはちょっとトラウマがありまして・・・。2012年にマツダとシンクロして『320d』を発売したBMWは、当時は未曾有の円高で苦しんで瀕死の状態だったマツダが、その後順調にディーゼルで日本市場を切り開く上で、『最高のアシスト』を決めてくれたと思います。ドイツで...

2017年5月27日土曜日

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: アウディRS5 「リアル『スカG』進化形」

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: アウディRS5 「リアル『スカG』進化形」: 『ドイツ車で一番欲しいクルマは?』・・・家族や両親のことを考えて総合的に判断するなら、BMW420iグランクーペMスポですかね。実際にBMWジャパンとムラウチBMWで見積もりをもらい真剣に考えましたけど、もっと条件の良いクルマが後から出てきそうな雰囲気があるので『見送り』まし...

2017年5月26日金曜日

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: 三菱デリカD5 「封殺された日本の傑」

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: 三菱デリカD5 「封殺された日本の傑」: 2000年代に社会現象とも言える大流行を見せたミニバンが、曲がり角を迎えているようです。まあどんなジャンルでも10年以上に渡って売れ続けるなんてことはほとんどないので、実用車ゆえに避けられない『デフレ傾向』からくる設計・企画の歪みが出てくる段階に突入したということですねー。出...

2017年5月23日火曜日

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: いいクルマの『定義ができない暗黒時代』をぶっこわせ・・・

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: いいクルマの『定義ができない暗黒時代』をぶっこわせ・・・: なんで『クルマがつまらない』と感じるのだろうか? 理由はいくつか思いつくんですけど、 ①日本メーカーのやる気がない。 ②ドイツメーカーもやる気がない。 ③米国・韓国メーカーは日本で売らない。 ④フランスメーカーもやる気がない。 ⑤イタリア・イギリスメーカーによる金持...

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: ホンダ・ジェイド 「ホンダ・絶品クオリティの新時代」

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: ホンダ・ジェイド 「ホンダ・絶品クオリティの新時代」: いくらスタイルが良くても、パッケージが良くても、乗り心地が良くても・・・売れないことがあるんですねー。発売当初は『これは人気になるんじゃないの!?』と気になった人も多かったんじゃないですか? オデッセイとエリシオンがまさかの統合となり、フラッグシップ・ミニバン新生『オデッセイ...

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: マクラーレン720S 「このクルマがきっと20年後を定義する!!」

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: マクラーレン720S 「このクルマがきっと20年後を定義する!!」: 今から100年以上前に、メルセデス、アルファロメオ、プジョー、マセラティ、フェラーリといった自動車キャリアが、レーシング活動をベースにしたブランディングによって成功し、今日のように世界的に知られる存在になりました。100年以上前に生まれた伝統のブランドもいいですけども、志さえ...

2017年5月22日月曜日

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: ロータス・エキシージ 「合理的かつアブノーマル」

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: ロータス・エキシージ 「合理的かつアブノーマル」: ロータスに乗る。クルマ趣味としてはこれに勝るものはない!!みたいなことを、政治評論家の青山繁晴さんも仰ってます。トヨタの横置きエンジンを搭載した軽量マシンを、とても乗用車とは言えないレベルの『オモチャ』に仕立てるなんて、とても夢のあるメーカーだと思います。ホンダがS660のパ...

2017年5月18日木曜日

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 新型5シリーズの『毀誉褒貶』 その2 なんだか絶望的な気分だ

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 新型5シリーズの『毀誉褒貶』 その2 なんだか絶望的な気分だ: 前回はG30型の先代モデルF10型から『高級車になった』BMW5シリーズを巡る評価について、その変貌に置ける価値観の変節を辿ってみました。理論上はE39の復活とはなりそうもないですけど、もしかしたらE39・M5が2000年頃にみせた圧倒的な全能感を、G30・M5が再び取り戻し...

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: スバルXV 「『攻め』の姿勢に変化なし!!」

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: スバルXV 「『攻め』の姿勢に変化なし!!」: 「クオーツ・パール・ブルー」と「サンシャイン・オレンジ」・・・綺麗な色ですね。それに引き換えデザインに力を入れていると言われるマツダやスズキは、購入シュミレーターの初期に出てくる「ボデーカラー選択」のところで、ドンピシャのカラーが無くてちょっとテンションが下がることが多いです...

2017年5月17日水曜日

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: 本当にいいクルマをガチで線引きすると・・・高級セダン編。

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: 本当にいいクルマをガチで線引きすると・・・高級セダン編。: クルマとはあくまで道具でしかないので、本来はそれぞれのユーザーの用途に合ってさえいればそれでいいものです。台所の間取りに合わせて冷蔵庫の大きさを決めるように、駐車場や近所の道幅に合ったサイズのクルマを選べばそれでいいんじゃないですかね。それでも「いいクルマが欲しいという欲望」...

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: ホンダ・オデッセイ 「理念のクルマから、納得のクルマへ」

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: ホンダ・オデッセイ 「理念のクルマから、納得のクルマへ」: F1参戦中のホンダの評判が悪いです。まあ実際に弱いから仕方のないことですが、エンジンを供給するマクラーレンやそのマシンに乗るフェルナンド=アロンソからの批判や皮肉がF!開催ごとに同じような内容で日本のメディアから報道されていて、「またかよ・・・」と報道以外にも意図があるんじゃ...

2017年5月16日火曜日

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: ランドローバー・レンジローバースポーツ 「これをスポーツカーと思う人はいないけど、車名がややこしい」...

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: ランドローバー・レンジローバースポーツ 「これをスポーツカーと思う人はいないけど、車名がややこしい」...: なんだかもう色々とややこしくて、ディーラーの人に訊いても返ってくる説明がさらによく分からないブランドの代名詞といえばランドローバー。某有名ライターの著書によると、「日本のレンジローバー・ユーザーのほとんどが勘違いしたまま乗っている」などと嫌味を書かれています。もう触らぬ神に祟...

2017年5月12日金曜日

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: ホンダ・シビックtypeR 「日本のポルシェが凱旋」

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: ホンダ・シビックtypeR 「日本のポルシェが凱旋」: シビックに関する掲示板を覗くと、「やっぱりEG6、EK9の頃だよなー」という書き込みが今でも結構目に付きます。某有名漫画に登場するシビックがこの2台というのもあるんでしょうけど、「Vテックで8000rpmオーバーのエンジン」「4輪ダブルウィッシュボーン」で完全武装した「輩なハ...

2017年5月10日水曜日

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 新型BMW5シリーズの「毀誉褒貶」 福野礼一郎氏の場合。

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 新型BMW5シリーズの「毀誉褒貶」 福野礼一郎氏の場合。: 「世界で最も重要なモデルってなんだ!?」・・・累計販売台数という古典的な数字を持ち出すならば、カローラ、シビック、ゴルフなんでしょうけども、ちょっと目線を変えて考えてみましょう。日本の若者がなんとなく知っていてあこがれている自動車ブランドといえば・・・BMW。その中で最も重要...

2017年5月9日火曜日

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: 日産マーチ 「このブランドにとって車名はどんな意味があるの!?」

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: 日産マーチ 「このブランドにとって車名はどんな意味があるの!?」: 海外サイトでは新型マイクラ(マーチ)のレビューが次々出ていますが、現状ではフランスのルノー工場のみでの生産になっているようで、日本市場に入れようという考えはないようです。現行マーチはタイ工場の生産モデルが日本向けにも充当されていますが、成長著しいアジア市場もこのモデルで飲み込...

2017年5月7日日曜日

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: 世界の主流エンジンは全部で5種類に絞られた!?

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: 世界の主流エンジンは全部で5種類に絞られた!?: 「日本で売られているエンジンの特色」 本来は私のようなど素人ではなく、カーメディアに長く携わってきたベテランのジャーナリストが著書などで説明することが期待される内容です。メーカーとユーザーの間にできる情報量の不均衡(格差)を少しでも是正するのがメディアの役割なんですけども、日...

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: ジャガー・Fペース 「清々しいまでの聖戦」

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: ジャガー・Fペース 「清々しいまでの聖戦」: 世の中わかんないことだらけです。先月にビックカメラが商品決済にビットコインを導入したとのこと。両親にマッサージ機などの健康器具を買う以外で家電量販店に行くこともないので、どーでもいいですけども、そもそもビットコインを利用するくらいにフィンテックな人々が、今更に実店舗で買い物す...

2017年4月30日日曜日

CARDRIVEGOGOエリア9

「ロードスターRF 『レトロフォルムが染みる』」

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: マツダCX8 「MPVの復活が決定!!」

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: マツダCX8 「MPVの復活が決定!!」: 「やっぱりマツダは巨艦が似合うブランドだよ。」かれこれ4年以上前になりますが、現行アテンザの実車をマツダのディーラーで間近に見た時にふと思いました。世の中が「大きいクルマはもう不要!!」みたいな空気になっていて、まだ日本に上陸して5、6年しか経ってないのに、V8搭載のレクサス...

2017年4月29日土曜日

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: 珍車登場!! 「アウトランダーPHEV・S」479万円・19.2km/L

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: 珍車登場!! 「アウトランダーPHEV・S」479万円・19.2km/L: 日本のカーメディアがほとんど報じないことですけども、三菱自動車は海外ではとても人気です。特にアメリカやドイツなど自動車先進国では大人気です。かつては旧通産省の言いなり(自衛隊から随意契約取るため?)になり、「三菱は国家なり」という社是を生み出す「国粋主義的」な立ち位置から、マ...

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: マツダはやっぱり嫌われているな・・・。

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: マツダはやっぱり嫌われているな・・・。: 「オッサンの、オッサンによる、オッサンのための自動車情報誌」ことニューモデルマガジンXですが、今月もSPA!かアサ芸みたいなヘタレな記事が満載です。一番笑ってしまったのが、「信号無視の歩行者に注意したら顔面を殴られた!!」って怒っている記事。毎月交通ルールを偉そうに語るコーナ...

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: 日産フーガHV 「ついに躍進を始めた栃木ブランド!!」

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: 日産フーガHV 「ついに躍進を始めた栃木ブランド!!」: 世界に実力を轟かせる日本車といえばなんですか? 「GT-R」「NSX」「WRX」といったスポーツモデルはやっぱり日本の自動車産業のレベルを端的に示してくれます。たとえ某大手メーカーがルマンでとうとう勝てなかったりF1で醜態を晒していても、やはり日本製のスポーツカーは素晴らしい...

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: ベントレー・ミュルザンヌ 「本物を知る男のクルマ」

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: ベントレー・ミュルザンヌ 「本物を知る男のクルマ」: イギリス版の「マジェスタ」ですね。ちょっとわかりづらいかもしれませんが、全長は5575mmもあります・・・の割にはリアシートが狭そうに見えます。日本に正規輸入されているベントレーはこの「ミュルザンヌ」と「フライングスパー」のセダン2種と、フライングスパーのクーペ版であ...

2017年4月27日木曜日

CARDRIVEGOGOエリア9

「アルファロメオの低価格戦略は本当に実現するのか?」

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: アウディQ2 「299万円の衝撃!!」

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: アウディQ2 「299万円の衝撃!!」: 1年以上前から欧州では販売が始まっていたアウディQ2がいよいよ日本でも販売開始になりました。全ブランドが注目する価格は「299万円〜」と限りなく想定通りに着地したのですが・・・「マツダCX3Lパケ・280万円」「トヨタC-HR・G・278万円」「ホンダヴェゼルHV・Z・267...

2017年4月26日水曜日

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 「いま旬なSUVはクーペスタイルで決まり!!」・・・と石井昌道さんがおっしゃってます。

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 「いま旬なSUVはクーペスタイルで決まり!!」・・・と石井昌道さんがおっしゃってます。: 石井さんには申し訳ないが、すごく勝手気ままなことを書くと、どんな「仕事」にもどーしようもない時ってありますよね。とにかく新型モデルを褒めちぎるといるライターの仕事も、真面目な人がやるとしばしば不自然さしかないレビューが生成されたりします。これも苦しい事情だけがひたすら伝わって...

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: どこから上が「高級車」なのか!?

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: どこから上が「高級車」なのか!?: 世界はすっかり「AI」とか言っている時代に「高級車」・・・完全に時代遅れな気もしますが、家具、腕時計、紳士服でもそうですが「高級」というファクターがついている限りは、自動車産業の全体が一気にコモディティ化することを防げます。しばらくは「日本製」「イタリア製」「ドイツ製」が楽し...

2017年4月25日火曜日

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: アストンマーチンDB11 「フェラーリを超えた!?」

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: アストンマーチンDB11 「フェラーリを超えた!?」: 昨年くらいからアストンマーティンが正規ディーラーを日本で展開し始めました。他のブランドがどんどん日本から去っていく中で新たに展開するのはなかなか珍しいケースです。おそらく日本で長く働いていたアンディ=パーマーCEO(元日産)の肝入り戦略だと思われます。東京、名古屋、大阪に加え...

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: トヨタ・ハリアー 「レクサス併売車のクオリティ!?」

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: トヨタ・ハリアー 「レクサス併売車のクオリティ!?」: 「すごい良いクルマなんだけど、とてつもなくダメなクルマ」・・・は?何を言っているんだ!!って感じですけども、人間だって「すごく良い人なんだけど、とてつもなくダメな人」っているじゃないですか。だいたい男の8割くらいはその括りになるんじゃないかと・・・。クルマも同じで「良いけどダ...

2017年4月21日金曜日

CARDRIVEGOGOエリア9

「國政久郎著『営業バンが高速道路をぶっ飛ばせる理由2』・・・は?ふざけんな!!」

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: メルセデスGLCクーペ 「失禁・攻め過ぎ」

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: メルセデスGLCクーペ 「失禁・攻め過ぎ」: 「CX4」というスタイリッシュなSUVをマツダが中国向けに開発して現地生産を始めています。ライン稼働は中国工場のみだそうで、さすがに逆輸入モデルを日本に導入するのは気が引けたのかもしれないですし、2017年の年明け早々には「CX5」のFMCが予定されていたので、その需要を先に...

2017年4月20日木曜日

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 小沢コージさんをいじめるなー

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: 小沢コージさんをいじめるなー: 「日本市場は今度こそ変われるのか?」・・・日経の記事みたいな「抽象表現」を平気で使うから嫌われちゃうのかなー。相変わらずですね。そして小沢コージさんというキャラこその変な「ザワザワ感」が・・・。北米市場のベストセラーはビッグ3から発売されるピックアップトラックそれから中型セダ...

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: レクサス という異文化実験はいつまで続くのか?

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: レクサス という異文化実験はいつまで続くのか?: 米国のジャーナリスト・トマス=フリードマンがグローバリゼーションを語った名著に「レクサスとオリーブの木」のタイトルにもなっているレクサス。街にマクドナルドが建っていてレクサスが走るような水準の国ならば、紛争の解決手段に内戦や侵略戦争を選ぶ理由がなくなる!!そんな豊かさの象徴だ...

2017年4月19日水曜日

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: ジープ・チェロキー 「米国のポルシェ・・・ではなかった」

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: ジープ・チェロキー 「米国のポルシェ・・・ではなかった」: 売れてますねー。SUV全体の好調さは、やや一服した感がありますけど、昨年くらいからニョキニョキ伸びてきたのが、FCAグループ傘下の「ジープ」。日本のユーザーって「つまらない日本車ばかりが売れる・・・クルマを解ってない!!」みたいな悪口をしばしば言われますけど、ジープやポルシェ...

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: トヨタ86 「NC指定」

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: トヨタ86 「NC指定」: トヨタがスバルに開発させてグローバルで絶賛されているスポーツカー。何といっても「86」というやや掟破りで「ヤケクソ的」なネーミングなんですけども、発売から5年が経ってもまだまだバカ売れ!!これはもうどんなネーミングでも売れたんじゃ無いか?と思いますね。圧倒的な企画力が素晴らし...

2017年4月17日月曜日

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: BMW と マツダ がちょいダメな理由

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: BMW と マツダ がちょいダメな理由: もう一回買って見ようかな? ・・・いやでもね〜。そんな余計な思惑が入ってしまうブランドの代表格となっているのがBMWとマツダ(じゃないですか?)。短時間の試乗で良さがすぐにわかる両ブランド・・・以前ならマツダの方がアクセルもハンドリングもクイックさが際立っていてとんがっていた...

2017年4月15日土曜日

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: シボレー・コルベット 「USカーが世界を覆うとき」

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: シボレー・コルベット 「USカーが世界を覆うとき」: 「アメ車なんてクソだ!!」・・・まだまだ日本に蔓延するプロパガンダですが、これ一体誰が言い出したんだろ? なんでもかんでもカーメディアの仕業にして片付けるのはなんの解決にもなってないですね。メディアとは、メーカーよりも圧倒的に製品に関する情報が少ないユーザーを助けるという意味...

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: マツダCX5「ミドルSUVを定義しろ!!」

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: マツダCX5「ミドルSUVを定義しろ!!」: SUVって何ですかね?・・・個々には色々な定義があるとは思いますが、未だによくわからないです。他のジャンルと比べた時にSUVに一定の合理性が認められるとしたら以下のようなものじゃないでしょうか? 「低成長時代の貧弱な道路インフラを乗り越える走破性」「キャビン(=居住性)重視」...

2017年4月14日金曜日

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: F野氏「最近FMCで良くなったクルマはEクラスだけ・・・」

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: F野氏「最近FMCで良くなったクルマはEクラスだけ・・・」: カリスマライターのF野氏が某連載で書いてました。確かにEクラスは良くなったでしょうね。Sクラスの設計をCクラスとEクラスにまで押し広げたから良くなった!!という認識でOKだと思います。「Eクラスは先代があまりにも酷すぎたから」・・・これもうちょっと早く言ってくれないとダメじゃ...

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: スバル・WRX-S4 「いっそ名前を変えた方がいい」

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: スバル・WRX-S4 「いっそ名前を変えた方がいい」: 1966年に富士重工が発売した初の水平対向4気筒車は「スバル1000スーパーデラックス」と言います。スバルがRRからFFに転換した際に投入することになったことからボクサーエンジンが採用されたようですが、この50年の歴史を誇るスバルの運動性能重視のパッケージングは、この後196...

2017年4月11日火曜日

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: 軽いは正義!?・・・メルセデスとジャガーの闇。

CARDRIVEGOGO クルマ初心者のブログ: 軽いは正義!?・・・メルセデスとジャガーの闇。: 世界のクルマはどんどん大きくなって、あまりに大きくなり過ぎて、ちょっと小さくなることもあったりしますが、特にグローバルモデルのサイズは大きくなる一方です。トヨタ車は国内専売がまだまだ多くて、国内向けカローラ(Cセグ)やプレミオ/アリオン(CDセグ)は今も5ナンバーのままです。...

CARDRIVEGOGOの日記

「世界に羽ばたく日本車の原点」

2017年4月7日金曜日

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: アウディRS3セダン 「2000万円超級に挑む800万円セダン」

CARDRIVEGOGO NEW CARS STORY: アウディRS3セダン 「2000万円超級に挑む800万円セダン」: フェラーリのV8ミッドシップスポーツモデルが、488GTBからいよいよターボになったー!! スーパーカービジネスの再燃か? 「ケーニッグセグ」というスウェーデンのスーパーカー・ブランドは、禁断の「ハイブリッド・ドーピング」に手を染めた市販車を日本でも発売。イタリア勢やブガティ...

2017年4月6日木曜日

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: マツダよりVWを買いましょう!!はいいけどさ・・・。(VW車オーナーは読まない方がいい!)

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: マツダよりVWを買いましょう!!はいいけどさ・・・。(VW車オーナーは読まない方がいい!): 前回、お伝えしたようにニューモデルマガジンX5月号がマツダを「遠慮気味に挑発する」という暴挙に出ています。マツダの国内販売の伸び悩みは深刻で、1車種を除いてはほとんど儲かっていないわけですが、その最後の希望の1台・・・マツダとしては絶対に失敗できないギリギリの総力戦の果てに生...

2017年4月5日水曜日

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: キャデラックCT6 「VIPカー発祥の日本で売るなら・・・」

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: キャデラックCT6 「VIPカー発祥の日本で売るなら・・・」: 日本で活動する自動車評論家の多くが何がそんなに気に入らないのかわかりませんが、その存在を黙殺する日本発祥の「VIPカー」。若者を惹きつける力を未だに持っている「エクストララージサイズ」のクルマの中で、特にセダンをVIPカーと称したりしますが、そんなクルマがまだまだ存在するとい...

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: レガシィB4 「スバルの孤独な戦い」

CARDRIVEGOGO 国産車ブログ: レガシィB4 「スバルの孤独な戦い」: 2014年に登場した6代目レガシィ。この世代から日本市場での主力だったツーリングワゴンを切り離してレヴォーグとして発売したため、レガシィは一気に日本での存在感を失っている感じです。私だけでは無いかもしれませんが、さらにレガシィB4にネガティブなイメージを持つきっかけとなったの...

2017年3月28日火曜日

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: プジョー3008 「別荘も欲しくなる!!・・・これこそが価値あるSUVの証」

CARDRIVEGOGO 輸入車ブログ: プジョー3008 「別荘も欲しくなる!!・・・これこそが価値あるSUVの証」: 「ランドローバーを買う前に別荘」・・・。バブルの時代には嫌味に聞こえましたかもしれないですけど、今では全国の辺境地区には、まだまだ使える格安物件がたくさん転がっていて、場合によってはランドローバーを1台買うよりも安い価格で不動産が手に入るようになりました。東京都に住んでいると...

2017年3月26日日曜日

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: マツダCX5まさかの★2つ!!

CARDRIVEGOGO「カーメディアにひと言・・・」: マツダCX5まさかの★2つ!!: もちろんNCAPのテスト結果ではないですよ!オーナーの方はご安心を!!某クソ雑誌が「ダブルスタンダードだけど」と言い訳をしつつも「マツダならもっとできる!!」とか意味不明なこと言ってますね・・・。どこがそんなに気に入らなかったのか仔細に眺めると、「遮音性が高すぎて(トヨタっぽ...