2019年5月23日木曜日

「フロント・ストラットのFRに弁護の余地はない」と福野さんがおっしゃってますが・・・

「『フロント・ストラットのFRに弁護の余地はない』と福野さんがおっしゃってますが・・・」(カーメディアにひと言・・・)




あまり詳しくない人のために。日産やレクサス/トヨタのFR車はバブル期にサスペンション形式の改良が進み、フロントにダブルウィッシュボーンというサスを使っています。それに対してドイツのFR車はストラットを使っていたのですが、日本車との競合が多くなった頃からSクラス、7シリーズ、5シリーズなどにもダブルウィッシュボーンが採用され、形式上はドイツブランドが日本メーカーの軍門に下った格好になりました。Eクラス、Cクラスなど採用モデルは増えていますが、BMWは新型の3シリーズやZ4での採用を見送りストラットのまま発売しましたとさ・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。